採用情報

ホーム > 先輩社員の声

先輩社員の声

人から人へ届けるトラックへの憧れ
上遠野 和昭  (所属 新潟支店 路線ドライバー・ドライバー歴15年) 入社理由を教えてください

子どものころに大きなトラックに憧れて「うわ〜あんなの乗ってみたいなぁ」と思ったのがはじまり。まずは小さな運送会社に入社して経験を積み、ステップアップする中で雑貨輸送に挑戦してみたいという想いが募り、新潟運輸を選びました。前職では材木を運搬していました。

入社前は新潟運輸にどんなイメージがありましたか

「とにかく真面目」というイメージです。法令遵守が当然なのですが、トラックドライバーというと世間的には豪快な運転という印象もありますし、以前の会社でもそういう雰囲気がないわけではなかったです。しかし、新潟運輸のドライバーは安全重視で、作業姿勢も真面目という印象をもっていました。実際に入社してみて、社内が緩んでいないので自然と自分の気持ちも引き締まるし、以前の自分は緩んだところがあったな、と感じます。デジタコ搭載で、速度超過の場合は自動的に警告されるので、スピードへの気配りを常にしています。実際に、路線ドライバーとなって走っていて、他社のトラックと並走することがありますが「安全運転する会社のトラック」と思われている印象はありますね。

入社後でイメージと違ったことはありますか

結局、運送業なので前の職場ではそうだったんですが労働時間や乗車時間が仕事の行きがかり上、ずるずる・・・ということはゼロではないんだろうな、と思っていました。実際にはそんなことはなく、勤務時間はしっかり管理されているのでそういう面でも全国展開している会社で働く安心感を感じます。妻も安心して送り出してくれます。イメージと違っていたというよりも、イメージよりも「もっと真面目な会社」だったという印象です。

新潟運輸に移籍するあたり、ご家族の反応はいかがでしたか

妻はすぐ大賛成してくれました。会社の規模や安定感という点が大きいですね。若い頃は将来のことを考えることもなかったのですが、結婚して子どもが生まれて家族の将来を考えるようになり、周りの運転手仲間からの評判も良かったのも新潟運輸に移籍する後押しになりました。安心して仕事に打ち込めて、家族も養えるのは大きかったですね。

見習いドライバーを育てる上で心がけていることはありますか

お客様あっての仕事なので、「商品事故を絶対におこさないこと」をまず第一に考えています。ただ、それは作業経験が何よりも大事なので、まず本人の思うようにやらせてみて、危険なところがあれば注意を促したり作業を止めて、指導しています。作業する本人が考えながらトライすることが一番です。時にはうまくいかなくて壁を感じることもあるでしょうが、一年もすればコツを掴む人がほとんどです。

目標はありますか

自動車事故ゼロ・商品事故ゼロです。
運転技術のコンテストは燃えますね、どれだけ極められるかモチベーションを掻き立てられます。

新潟運輸に興味をもっている方へのメッセージ

大きな会社なので、暮らしの心配をせず仕事に打ち込めます。 従業員の安全を会社が守っているという姿勢を感じます。社内の雰囲気も穏やかですし、指導する先輩社員に怖い人はいません(笑)。ぜひチャレンジして欲しいと思います。


さらに読む
詳細は最寄りの営業所に御確認下さい